がんばれ悠希君 その2




随分前に、日本人の知り合いの息子さんがハリウッドで頑張っている記事を書きました。(こちら)
私と同じ宮崎出身の松崎悠希君という青年です。
『ピンクパンサー2』、『ラストサムライ』、『硫黄島からの手紙』などという作品に出演しています。

今回は明日封切の『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』に出ているようです。
彼のブログにはプレミアの様子が写真で紹介されています。(こちら)
それと、Yahoo Japanで見つけたインタビュー記事はこちら

写真で見ると、悠希君はつくづく背が高いっ!!
いやいや、実際に会っても見上げるほどなんですが、アメリカ人の中でも引けをとりません。
それと、昔から思ってたんですが、彼は声がいい。
俳優業はやっぱり声も大事ですよ。

単身で渡米して、アメリカ人の中で(それもハリウッドだー!!)試行錯誤しながら頑張っている悠希君。
みなさんも応援してくださいねー!!











[PR]
# by avocadowasabi-2 | 2011-05-18 08:59 | 映画・ドラマ

『パエトーン』





原発関連のニュースを色々とたどっていたら、興味深いものを見つけました。

a0080368_3453998.jpg20数年前、ロシアのチェルノブイリ原発事故の後に、
漫画家の山岸涼子さんがお描きになった『パエトーン』という作品。

パエトーンとは、ギリシャ神話に出てくる若者の名前で、
太陽神アポロンと人間の女性の間に生まれた子供です。
神話の中のパエトーンの物語は、
彼が太陽神にしか許されていない領域に手を出したがために起こる悲劇として描かれているものです。

山岸さんの作品では、冒頭でこのパエトーンの悲劇が紹介され、
その後に原子力発電に関する説明やその安全性・必要性への疑問点について判りやすく漫画で説明してあります。
放射能物質を自分たちの生活に取り入れて起こった原発事故は、
神の領域を侵した愚かなパエトーンの悲劇に通じるものがあると説くなんて、かなり鋭い発想です。

私自身、原発のことをよく理解していなかったので、
恥ずかしながらこの作品を読んで「なるほどぉ」と思ったことがたくさんあります。

高校時代(現在もだけど・・・)、化学は一番の苦手でして、
文章でウランだのプルトニウムだの、中性子だのと説明されてもイマイチぴんと来ないんですよねー。
というより、もうそういう言葉を見ただけで脳みそがシャットダウンするようになってるみたい私。
だけど、こうやって絵で説明されると随分と頭に入るもんです。
そして、読んだ後、自分の無知さを非常に恐ろしく思いました。

エネルギーを生産するために原発は必要ですが、
維持・管理の安全性もさることながら、放射性廃棄物などの問題もかなり山積み状態なわけで、
放射能の影響は今後どうなるの?
この先、私たちはどうすればいいの?
原発という怪物の管理はどこへ向かっていくの?

・・・判らないことばかりです。

『パエトーン』は現在無料WEB公開となっています。
どうぞご覧になってみてください。

山岸涼子『パエトーン』WEBコミック












[PR]
# by avocadowasabi-2 | 2011-05-06 11:08 |

次へのステップ




今年も早いものでもう5月。日本はゴールデンウィークだったんですねー。
3月からこっち、ものすごく忙しくて、
4月なんてホントにあったのかいな? っていうくらいに早く過ぎ去ってしまいました。

実は私、4月一杯で1年2ヵ月勤めた介護ホームの勤務を辞めました。
まあ、理由は色々あるんですが、大まかに言えばとにかく精神的な疲労と肉体の限界かな。

体力的な問題は、土日の休みでどうにか解決もできましたが、
精神的なストレスは日に日に重くなっていて、
家にいるときも、気持ちが疲れ果てていることが多かったんです。

3月中旬に思い切って辞める由をオーナーに伝えたんですが、
できることならもう少し・・・と言われて、
こんな外国人の私に働くチャンスとキャリアアップの場を与えてくれた恩義もあることだし、
次の人が見つかるまでは働きましょう、なんてつい日本人らしい態度に出てしまったんですよね。
そしたら、なかなか次の人を見つけてくんなくてですねー!(苦笑)
だらだらと日々が過ぎてしまうのに連れて、私の心身もどんどんと限界を超えてしまいつつあって、
さすがに我慢できずに「もう体力も限界に来ているので、4月一杯を目途ということでお願いします!」
と再度オーナーに訴えました。
恩義はあっても、そんなにいつまでも待てないもんね、正直なところ。

オーナーは私に辞めて欲しくなかったようで、なんだかんだと言ってきましたが、
結局は私の気持ちを理解してくれて、4月末で終わりということになりました。

勤務最後の日は、思いがけずお別れ会のランチを開いてくださり、
「We will miss you!」なんていうメッセージ入りの大きなケーキまで用意してくれて
涙ウルウルになってしまいましたよ。
そして、「戻ってきたくなったら、いつでもあなたのポストは作ってあげるからね」とまで言われて、
「こんなに良くしてもらうのに、辞めるというのは私の我儘かな・・・」
と、かなりセンチな気持ちになって揺れてしまった私。
でもね、これでよかったと思っています。

やっぱり、体があってナンボ、ですよ。
もうそんなに若くもないから、体力や精神の限界と勝負するような仕事はだんだんと辛くなってきます。
とはいえ介護の仕事自体は好きなので、超ハードなこの介護ホームでの経験を生かして、
一対一でお世話のできる訪問介護に切り替えようと思い、介護派遣会社に勤めることにしました。

介護派遣会社も色々あるんですが、
オフィスが私の住んでいる町にあるというそれだけの理由から選んだ会社に面接に行き、
その場ですぐさまいい返事を頂き採用となりました。

即採用となったのも、やっぱり介護ホームでの一年以上の経験があったればこそ。
辛くて凹んだり、人知れず泣いたこともあったけれど、
異国の地で自分を成長させてもらったこの職場にはとても感謝しています。


明日は、その訪問介護の初仕事。
楽しみでもあり不安でもあり。
私のできる範囲で精一杯お手伝いをしようと思います。


a0080368_13405288.jpg
判りづらいけど、ひと月ほど前の雨上がりにに撮った二重の虹。

a0080368_13411932.jpg
神々しいですね。











[PR]
# by avocadowasabi-2 | 2011-05-04 20:36 | 仕事

旬のもの




ここんところブログもすっかりほったらかしていました。
例の大震災以来、ブログもネットもなんだかあんまり触る気がしなくなっていたんですよね。
でもね、元気に普通に暮らせる者が通常通り元気を出して頑張んなくちゃねー、
と思い直して今ブログ書いてます。



さてさて、先日スーパーへ行ったら、今まで見たことのない食品に目が留まりました。

a0080368_2371983.jpg
かわいいひよこさん達でしょ。


a0080368_2385328.jpg
ガルバンゾビーンズです。別名ヒヨコマメですかね?


a0080368_422576.jpga0080368_426560.jpg
中を開けたらこんな感じ。写真がボケていて見づらいですねぇ。


缶詰のが一般的なので、さや入りの生のを見たのは私これが初めてなんです。

a0080368_4272020.jpg
さやごとオーブンでグリルして、ひよこの丸焼き!(笑)
味付けは塩とオリーブオイルのみ。調理時間は10分程度だったかしら。
食べる際にはもちろんさやは食べません。
枝豆のようにつるりとさやから出るわけじゃないので面倒といえば面倒なんだけど、
さや入りでグリルしたおかげで豆は蒸した状態になり、しっとりとうまみも凝縮されてなかなかイケます。
このグリル焼きはおつまみにいいですよ~。

缶詰のほうは味が淡白で、食感もなんだかもさもさした感じでそれほど美味しいとは思いませんが、
生はほんのり甘みもあって美味しいです。

ガルバンゾ食べて今日もがんばるぞーーー(笑)。












[PR]
# by avocadowasabi-2 | 2011-05-02 12:30 |

東北関東大震災の義援金の方法



義援金の寄付の方法を当分の間ブログトップに掲載しておきます。
通常の記事はこの下にアップされることになりますのでどうぞよろしくお願いします。



★アメリカ在住の方、携帯電話からRedCrossへ寄付ができます。
90999へREDCROSSとテキストを打つと自動的に$10が携帯のアカウントから寄付されます。

★その他のアメリカからの寄付関係案内はこちら

★義援金の寄付ができるサイトをまとめたページがあります。(主に日本在住者向け)
こちらをクリックしてください。

★エキサイトブログからも義援金の寄付ができます。一口200円です。
日本在住者の方、どうぞご利用ください。





[PR]
# by avocadowasabi-2 | 2011-03-27 01:24 | 連絡

陶芸の初作品~♪





通い始めたばかりの陶芸教室での作品。

ろくろを使った初作品。
a0080368_8573448.jpg 

ご飯茶碗には小さくて、湯飲みにはちょっと中途半端。
おつまみ用の小鉢に最適かな。



実はご飯茶碗も作ったんです。
a0080368_8514666.jpg

といっても、最初はそんなつもりじゃなかったんだけど、
出来上がったらご飯茶碗になっていたという、日本人の血のなせる業(笑)。



箸置き。
a0080368_849028.jpg

5個作って、その中の一つは花びらがぽきんと折れてしまいました。
今度は壊れにくい形で考えます。



大鉢。
a0080368_8545434.jpg

箸と比べたら大きさがわかるかな。a0080368_914882.jpg

この鉢は生け花用にしてもいいなぁと思っているところ。


自分で作った器が食卓を飾ってくれると、何てことない食事も美味しく嬉しく感じます。
また反対に、この器を使いたいから、どんなものを作って盛り付けようかしら、
という発想も出てきてこれまた楽しい。

ろくろ回しがまだまだ難しいので、これが当分の課題です。








[PR]
# by avocadowasabi-2 | 2011-03-25 16:37 | 私的趣味

三月の芽吹き




アメリカでは夏時間も始まり、だんだんと春めいてきています。
我が家の庭でも、いろんな芽吹きを発見。

a0080368_8351211.jpg

去年はほんの数えるほどしか咲かなかった桃の木には、今年は満開の花が付きました。
きれいな桃色で、ふっくらとした形の花は本当にかわいいです。

「桃」と書きましたけどね、本当にこれが桃なのか、それともネクタリンなのか、
はたまたスモモなのか、実はわからないのですー!(汗)

4年前に、自分達が食べた数種類の果物の種を適当に植えたら、
芽が出てこんなに大きくなってくれて・・・。
a0080368_841471.jpg

a0080368_8414516.jpg

今年こそは実がなって、ついに何の木なのかが判明するかもしれません(笑)。
たのしみ~!


そのほかの芽吹き。

桜。
a0080368_8464476.jpg

a0080368_8473430.jpg

この写真はちょっと前に撮ったもので、
今はもういくつか咲き始めました!(だったら、咲いている写真を載せればいいのにね、ははは~、すんません)


葡萄の葉っぱ。
a0080368_848771.jpg

夏に実をたわわに付けてくれる葡萄も、もう今頃から葉っぱを出しています。
季節がどんどん変わっていくなー。


おとといの土曜日から、かなり激しい雨が降っていて、
せっかく咲いた花も全滅かなーと思っていたら、まだまだしっかり残っていました。
か弱そうに見える桃や桜の花だけど、結構強いんですね。

・・・なんだか、つい、震災時の日本人を重ねてしまいました。

頑張れニッポン!!













[PR]
# by avocadowasabi-2 | 2011-03-21 16:32 | ガーデニング

アメリカからの被災地支援の方法




東北を中心に襲った悪夢のような地震と津波。
お亡くなりになった方々のご冥福を心からお祈りいたします。

家族や家を失った方、いまだに安否の確認できない方々、原発で被爆された方々、
被災地の悲しみと恐怖は想像を絶します。
被災者の方々に十分な物資が届きますように。

アメリカに住む自分にとっては義援金を寄付することぐらいしか
手助けの方法が浮かびません。
そういうわけで調べてみたら寄付を受け付けている団体がいつくかあるので
この場でリンクを貼っておきます。(アメリカ在住者向け)


Japan disaster: How you can help

Red Crossのように、携帯からテキストを送るだけで自動的に自分のアカウントから$10が寄付されるという手間要らずのものもあります。


今後も、二次災害などで被害が拡大しませんように。
被災地やその近辺の方々、どうぞ気をつけて、そして頑張ってください!










..... Ads by Excite .....
[PR]
# by avocadowasabi-2 | 2011-03-12 04:42 | 生活

友人来訪とくれば、やはりワイナリーでしょう




ロングビーチから友人家族が遊びに来たことは前回書きました。
土曜日は、本来の大目的である4年生のお嬢ちゃんのプロジェクトのために
ミッション・サン・ルイス・オビスポへ見学に行きました。
この日は生憎の土砂降りで、移動もなかなか大変だったんですが、
必要な写真や資料はどうにか揃ったようでした。

翌日曜日は大人の日(笑)ということで、長女と彼女のボーイフレンドにお子ちゃま達は任せて
私達親ども4人は意気揚々とワインテイスティングへ参りました。

最初に訪ねたのはWild Coyoteワイナリー・・・だったんですが、
小さなテイスティングルームにかなりの人が入っていて大混雑。
数分待っていたものの、ゆっくり試飲ができそうにないので諦めました。
ここはニューメキシコスタイルのアドビー建築がかなりいい雰囲気を醸し出していて、
テイスティングルームの建物の隣にはベッド&ブレックファストの部屋が並んでいました。
町からはかなり離れた山のほうにあるワイナリーなんですが、
あれだけ大勢が押しかけていたということは、結構有名なワイナリーだったのかしら。
試飲しなかったのは残念でしたが、まあ、また今度ということで・・・。
ちなみにウェブサイトはこちらです。充実したサイトで見るだけでも楽しいですよ。

というところで気を取り直して次に行ったのは、Twilight Cellars
ここも山奥の隠れた場所にありまして、やはり初めての場所です。
先客がカップル一組だけだったのでみんなひと安心。
この日はオーナーの奥さんがお一人で切り盛りされていました。
白のヴィオニェから始めてシャルドネ、ロゼ、赤はジンファンデール、メルロー、シラー、
カベルネ・ソーヴィニヨンそしてデザートワインのポートと試しました。

結果から先に書かせてもらうと、
このワイナリーは今までに行った中で一番気に入りました。
ワインもさることながら、一緒に奥さんの手作りのおつまみも出してくださって
(って、食べ物に釣られたわけじゃないのよ)
「このワインにはトマト系が良く合います」
「こちらのワインにはナッツの風味がいいですよ」
などと説明をしてくださり、ワインと食べ物とのコラボがとても興味深く、
こうやって食事とワインを楽しみたいなと改めて実感させられました。

実は締めのポートワインはあんまり興味がなかったんです。
なんか、ポートってただ甘いだけ・・・というイメージがあって、
このあとまだまだテイスティングに行くし(どんだけ飲むんかい!)
甘ったるいのは別にいいかなーって。
でも、せっかくだからやっぱり飲んだんですけどね(笑)、
最初に一口味見して、それからポートと一緒に出たチョコレートを食べながらまた一口飲んだら、
これがびっくり。
ワインの味がすっかり奥深くなって、甘ったるさがまったく感じられませんでした。
酔っ払って舌が麻痺したわけじゃないんですよ(笑)。
本当に味が変わったの。これには驚きました。
デザートワインってのもいいなーって、目からウロコでした。

それと、もうひとつ。
試飲って、同じグラスに次々と違うワインが注がれていくわけですが、
ここでは次のワインを試すとき、次に注ぐワインでグラスをささっと濯いでくれるんですよ。
ひぇーもったいない!と貧乏人の私は思ってしまうけど、
プロフェッショナルだなーととても感激しました。
私が今までいくつか行った中で、こんな風にグラスをワインで濯いでもらったのは初めてでした。

a0080368_5263745.jpgワインとおつまみと、丁寧な説明などですっかり上機嫌になった私達。
セールになっていたロゼとシラーをそれぞれケースで買って半分ずつ分けました。
この日はカメラをうっかり忘れ、携帯で撮ったものなので見にくいですね。

シラーは試飲してとても気に入った2005 Audacious Syrah。
一本で買うと18ドルだか20ドルだかのところが、ケース買いだと12本入りで80数ドル。
はっきりした値段は忘れましたが(汗)、とにかく、一本が7ドルちょっとの計算。
そしてロゼのほうは、なんとケースでたったの20ドル!
在庫処分らしいんだけど、もう、もってけドロボー!ってな具合。

a0080368_6251511.jpg


試飲料は一人5ドルでしたが、ワインを買ったので無料になりました。
実は、この日は買わなくても私と夫はタダになることになっていたんです。
というのは、私達地元の者が、地元外の知り合いを誘って試飲に来た場合には、
地元の者には無料サービスが付くんだそう。
「うちは全く宣伝していないから、地元の方達がこうやって広めてくださるのが一番なんですよ」と
奥さんがおっしゃっていました。
なーんて地元フレンドリーなサービスでしょう!!
以前、ワイン買ったのに試飲料もしっかりとられたところがあったっけ。ワイナリーも様々です。

さて、この日はあと二ヶ所行きまして、小さなワイナリーもフレンドリーでいいけれど、
やっぱり大御所も行ってみなくちゃというところで、Opoloワイナリー
ここは試飲がタダなんで、必ず立ち寄るんです、実は(笑)。
テイスティングルームはかなり広いんですが、この日はもう大賑わいで、ほとんどすし詰め状態。
待ち時間も長そうだったので、ここも諦めました。
でも、友人達は広大なブドウ畑などを眺められて気持ちよかったようです。

そして最後は、Adelaidaワイナリー
ここもねー、満員だったんですよ。
先のトワイライトワイナリーですっかりいい気分だったので、もう試飲はいいかなーと思っていたら、
商売上手そうなおじさんがささっと私達のために空きスペースを作ってくださったんで、
そんじゃ、ま、飲みますか・・・ということで試飲しました。
味はよかったです。
特に、ヴィンテージ物の赤(100ドルくらい)はさすがに味わい深くて美味しかったです。
でも、大入り満員だと、じっくりゆっくり味わえないですね。
サービスするほうも、忙しいから説明もちゃちゃっとなってしまうし。
それとですね、ここって試飲料が10ドルもしたんですよ。高っ!
ワイン買えば無料になってお得ではあるけど、10ドルは高いよ、やっぱし。

セントラルコースト地区にはワイナリーが200だか300だかあるようで、
全部を回るとなると何年かかることやら。いや、一生かかっても無理かも。
今回のように、思いがけず素敵なワイナリーを見つけることもあるし、
ある時は期待はずれだったりすることもありますが、
それでも、ワイナリー巡りは楽しいことには違いありません。

また次回行くときには違うワイナリーを試してみます。











..... Ads by Excite .....
[PR]
# by avocadowasabi-2 | 2011-02-27 13:21 | SLOカウンティ

嬉しい和菓子




5年前に住んでいた南カリフォルニアのロングビーチから友人ファミリーが遊びに来てくれました。
息子同士が小学校一年・二年と同じクラスで仲良くなり、
野球やボーイスカウトでも一緒だったことから家族ぐるみでも親しくなりました。
奥さんはチャイニーズ・アメリカンで、両親が若い頃に中国からアメリカに移民してきたそうです。
そのせいか、日本から来た私のことを何かと気にかけて親切にしてくれる優しい人です。

今回やってきた目的は、実は4年生のお嬢ちゃんがミッションプロジェクトで
ミッション・サン・ルイス・オビスポを選んだので、そのリサーチが第一の目的。

奥さん曰く、「ここに遊びに来るために、サン・ルイスを無理やり選ばせたのよー、あははー!」
とのことだったけど、私たちにとっても嬉しい訪問でした。

ロングビーチからこちらへ引っ越してきてから彼らが遊びに来たのは今回で2回目。
前回同様、今回もこんな嬉しいお土産を持ってきてくれました。

a0080368_927516.jpg
和菓子の詰め合わせ~!!


大きな日本人コミュニティのあるガーディナ市(LAの側)にある老舗の和菓子屋さん「さくらや」で
買ってきてくれました。
a0080368_927247.jpg


この和菓子屋さん、私も何度か行ったことがあるんですけど、
一見、営業してんのかいな・・・? と不安になるような古ぼけーーた店構えなんですよ。
いつごろから商いをやっているのか知りませんが、
おそらく、戦前に日本からやってきた一世が始めたのでしょう。

お団子もお饅頭も、子供の頃に食べた和菓子の味を彷彿とさせます。
おばあちゃんが作る和菓子・・・そんな感じです。














..... Ads by Excite .....
[PR]
# by avocadowasabi-2 | 2011-02-21 16:09 | 友人


San Luis Obispo (SLO) county での田舎暮らし。日々の生活、育児、町のことなど雑感あれこれ。


by avocadowasabi-2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Click for Atascadero, California Forecast
ATASCADERO

カテゴリ

全体
連絡
雑感
生活
子供
行事


友人
仕事
ガーデニング

映画・ドラマ
SLOカウンティ
そのほかの町
私的趣味
未分類

以前の記事

2012年 09月
2011年 09月
2011年 08月
more...

フォロー中のブログ

Mew's Cafe
ワイン山の麓から
Casa de NOVA...
やりたいことは何ですか?
お奉行さまの徒然日記
カナダの風に吹かれて
日々の泡
じゃポルスカ楽描帳
Kitchen mail
Over the Rai...
フィンランドマガジン v...
ほな、またね!
在日中国人女性の随筆  
魚屋三代目日記
おいしく暮らそう
緑と食卓
dearxoxo in USA
頑張らないで、めざせベジ弁当
First step
SB 便り

リンク集

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ファイブスタイル ブログランキング


☆avocadowasabiの
食日記
「おいしく暮らそう」

☆avocadowasabiの
ロングビーチ在住ブログ
「裏庭の木陰から」

☆各種情報
「The TRIBUNE」 San Luis Obispo エリアのローカル紙
「Lighthouse」 ロサンジェルスエリアの日本語現地情報
「びびなびロサンゼルス」 ロサンジェルス総合コミュニティサイト





ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧