カテゴリ:子供( 23 )

長女の卒業パーティー




前回の長女の卒業の記事では、少々センチになってしまいました~。
やっぱり歳のせいかなー!

で、今回は、その卒業祝いのBBQのこと。撮りためた写真を早く消化せねばっ!!

夫の両親や弟ファミリーが6月9日の木曜日にあった娘の卒業式の日から来てくれていて、
土曜日には、その他の親族や知り合い等もさらに招いて卒業祝いのBBQをしました。

バーベキューも2台でフル回転!
a0080368_7253567.jpg


下のBBQは、サンタ・マリア式バーベキューといって、ここいら地元ではポピュラーなタイプ。
a0080368_7264244.jpg

プロパンじゃなくて炭や薪を使い、肉を載せるラックは上げ下げ出来るので焼き具合の調整も出来ます。
a0080368_7274175.jpg

やっぱりバーベキューで焼いた肉はおいしいわ~。

a0080368_7353041.jpg

みんな無心に食べる、食べる!

a0080368_7355472.jpg


a0080368_7361425.jpg


写真では判りづらいんですが、この日のメニューは、

 Tri Tipという牛肉の大きな塊(どの部位か存じません・・・)をBBQしたもの、
 焼き鳥(照り焼き味で結構好評でしたー♪)
 夫のポテトサラダ
 チャイニーズ・チキンサラダ
     春雨と茹でササミ、細切りのキャベツとレタス、きゅうり輪切り、
     ネギ、シラントロ(コリアンダー)、アーモンドスライス
     これらをごま油を効かせたドレッシングで合えたもの。
 フルーツサラダ

そしてデザートには、ケーキ2種。
a0080368_4105983.jpg

これは、マドンナ・インというホテルのケーキで、実にデカいんです。
ケーキの高さは20㎝くらい。飾りのフリルまで入れると大迫力!
一切れがかなりの大きさになるんですが、アメリカ人はこれにアイスクリームまで添えて食べるもんね。


ところで、上のテーブル風景でお分かりかと思いますが、
やたらとオレンジの色が氾濫しておりますね。
これは、別に私共の趣味ではなくてですね、娘の高校のスクールカラーなんです。

アメリカの学校にはスクールカラーやシンボルマーク(主に動物)というものが必ずあって、
娘の高校のカラーはオレンジがメインでサブカラーがグレー。
ちなみにシンボルマークはグレイハウンドという犬です。
a0080368_6144036.jpg



卒業シーズンのこの時期には、スクールカラーに沿ったパーティー用グッズが
それはそれはバラエティ豊かに揃えてあります。
遊び心満載のアメリカならではですね。

パーティーの飾り用で使ったリボンもオレンジ。
a0080368_5582158.jpg

テーブル用飾りはオレンジ&グレーじゃないけど、卒業式の帽子がたくさん付いていてかわいいです。
a0080368_623827.jpg


ついでに、フラワーアレンジもオレンジ&グレーでまとめてみました♪
添えてある葉っぱは、グレーというかシルバーっぽいけどね。
a0080368_4264659.jpg

a0080368_4273095.jpg

どちらにもアルコール類が一緒に写っているのがなんとも・・・ははは~。


みんなにお祝いしてもらって、娘にとってもいい思い出となりました。










[PR]
by avocadowasabi-2 | 2011-07-15 11:50 | 子供

長女の卒業




すっかりブログをほったらかしている間に暦はもう7月。
学校の夏休みももうひと月が過ぎようとしています。はやっ!!

ところで、先月6月は色々と忙しかったことを書きましたが、
実は長女や姪の高校の卒業式も2週続けてあり、家族単位での行事が何かと続きました。

その長女の卒業式は、6月9日(木曜日)に行われました。
私にとっても、初めて体験するアメリカンハイスクールの卒業式。

いやぁー、日本のと違って、卒業生も親や親族、友人たちも、とにかくみなさん明るいわー。
高校を卒業していくにあたってのセンチメンタルな感情なんてほとんどなく、
4年間頑張ってやり終えたという達成感や、これからの未来に向けての希望や喜びに満ち溢れています。

式は夕方から始まり、2時間ほどで終了しました。
今年の卒業生は約300人。
これから、みんなどんな人生を選んで歩いていくんでしょうか。
色々と大変な世の中ではあるけれど、自分を信じて一生懸命頑張って欲しいものです。

a0080368_0131564.jpg
        Class of 2011~~!!


それにしても、自分の子供がもう高校を卒業だなんて・・・。
長女が小さかった頃のことは、つい昨日のことのように鮮やかに思い出されます。
私たちが日本からアメリカに引っ越してきたのは2001年の夏でした。
長女は小学3年生からのスタートを切りましたが、
英会話はできても、読み書きは3年生のレベルにはほとんど達していず、
彼女自身、最初の1年間は精神的にもかなりの苦労があったことと思います。
そういえば、子供たちが学校から帰ってきてから夕方まで、
私も辞書片手に付きっ切りで長女と次女の宿題の手伝いをしたもんでした。

長女は言語の面で他の子よりも遅れがあるということを敏感に感じていて、(親には何も言いませんでしたが)
幼少の頃から内向的で人見知りの激しかった彼女は、
自分をオープンにして他の子と交わるということがなかなかできずにいました。
(家ではその反対におちゃめで活発で妹をいつもリードしていましたがね。)

南カリフォルニアのロングビーチでの5年間の後、ここアタスカデロへ越してきたときには長女は8年生。
ジュニアハイの最終学年でした。
またもや知らない人たちの中で彼女は大丈夫だろうか。友達が簡単にできるだろうか・・・
などという親の心配はよそに、環境ががらりと変わったおかげで、彼女自身も180度変化しました。
日本から来た内向的な女の子、という彼女にとってのマイナスイメージは、
それを知っている人が誰もいない環境に来たことでさらりと脱ぎ捨てて、
本来の自分らしさを伸び伸びと出すことができたのでしょう。

それからは、芋虫が蝶になるという表現のごとく、長女は目を見張るほどどんどん変わっていきました。
友達も男女を問わずたくさんでき、勉強もスポーツも自信を持って取り組み、
人前で何をするにも恐れずに、いい意味で堂々として輝いている様子は
親から見ても眩しいくらいでした。
アタスカデロへ引っ越してきたのは、彼女にとって貴重なターニングポイントになったのでしょう。


そもそも、アメリカ移住を決心した理由の一つは長女のことでした。

長くなってきたので興味のある方だけこちらへどうぞ(苦笑)。
[PR]
by avocadowasabi-2 | 2011-07-06 09:58 | 子供

ついに息子もティーン!




息子のバースデイパーティーを土曜日にやりました。
本当は11日の月曜日が誕生日なんですが、友達を呼んでsleep over(お泊り)をしたいとのことで、
この土日ということになったのです。
ま、お泊りじゃなくても、平日の夜に友達呼んで誕生パーティをするのは遠慮して頂きたいですけどね。

それにしても、息子、13歳です。ティーンですよ、ティーン。
これで子供三人ともティーンエイジャーになってしまいました。
とはいっても、男の子っつーのは女の子に比べるとまだまだ幼稚なんですよ。
しょーもないことで面白おかしく遊べるし、単純だし。
バースデイパーティーに来た男の子たちもみんな同じような子達で、
みんなで自転車を長いこと乗り回して遊んでいたり、
ターゲットを決めてそれに石を投げて喜んでいたり・・・。
どの子もまだ声変わりも迎えていないので、見た目はみんなまだお子ちゃまです(笑)。

a0080368_5585660.jpg


でも、来年14歳になる頃にはみんな変化しているだろうな。
何といっても男の子は、声変わりから始まって体格もだんだんと逞しくなっていきますもんね。
そう考えると、この子供子供した今を母親として楽しんでおかなくちゃと思いましたね。
母親からハグされることを嫌がるようになって、
自分のこともほとんど話してくれなくなる日ももうすぐそこかもしれません。

そんなことを思いながら作ったバースデイケーキのデコレーションは
息子の赤ちゃんの頃から今までの写真をプリントアウトして小さな旗にしてみました。

a0080368_675710.jpg
写真とキャンドルをあちこちに配置しました


今年は、息子のリクエストがクリームパフ(シュークリームですね)だったので、
ただのクリームパフじゃ面白くないよなーと、山状に積み重ねて遊んでみました。
チョコとカラメルのソースを溶岩に見立て、
山のてっぺんにスパークルのキャンドルを立てて火山を作るはずだったんです。
でも、その肝心のキャンドルが見つからなくて、噴火無しの山になってしまいました。
クリームパフの中にはもちろんカスタードクリームが詰まってます。

これのいいところは、切り分ける必要がないという点ですかね。
ソースがべたつきますけど、冷やして食べたらなかなかいけました。

娘たちからいつも、息子には甘すぎると注意されます。
だってねー、やっぱり男の子っていうのは母親にとってかわいいものなのよ。娘たちの前ではいえないが(汗)。
そんなやんちゃでかわいい子供時代ももうすぐ過ぎ去るかと思うと、
何とも言えず胸を締め付けられるような気持ちになるんですよ。

今年の息子のバースデイケーキは、母親のセンチメンタルな気持ちが詰まりすぎですね(苦笑)。


a0080368_619196.jpg
こんな赤ちゃんの頃があったのよー















..... Ads by Excite .....
[PR]
by avocadowasabi-2 | 2010-10-10 12:29 | 子供

Back to School 2010-2011



この夏、カリフォルニアはかなりの冷夏で、
地球の温暖化のせいで異常気象もこんな風にどんどんひどくなっていくのかな、
一人一人がもっと環境に関して真剣にならなきゃ・・・と神妙に思ったりしていたんですが、
今週明けからぐいぐい気温が40度を軽く超えまして、
暑さに弱い私は急な気温の上昇に耐え切れず、すぐさまエアコンをかけて涼に浸ってしまいました。
室外機から出る熱風は地球温暖化に加担しますよ、と心の中の誰かが囁くんですが、
前日まで長袖着てたのにいきなり40度越えは辛いわー。
何で今頃真夏が来るんですかー、もう~!


そんな真夏の始まりと共に、学校の新学年度も月曜から始まりまして、
うちの子たちも、珍しくみんな自発的に早起きして元気に登校いたしました。
今学年度は、長女がハイスクールのSenior(12年生)、次女がSophomore(10年生)、
そして息子はジュニアハイの7年生になります。

長女がいつのまにか高校も最終学年だなんて・・・。
一年後はどこかのカレッジのキャンパスを意気揚々と歩いてるんでしょうね・・・・。
家から離れた大学へ行っちゃえば、朝晩わいわいと家族全員で過ごすこともなくなるんだ。
何をするにでもすっかり一人前で、親の知らないことがどんどん増えてくるんだねぇ。

なんか、そう思うと、ちょっと寂しかったりするな。

随分前は、「あぁ~~、早くみんな大きくなって巣立ってくれー!!」と思うこともよくあったけれど、
そんな時期がもうそこまで来てしまいました。
子供の成長ってホントに早い。

そして今年度からは今までとは違うことがひとつ。

つづきはこちら
[PR]
by avocadowasabi-2 | 2010-08-25 16:25 | 子供

シーズン終了!

前回書いた息子の野球の試合、負けちゃいました(笑)。
この試合に勝てば、別のカウンティとのトーナメントに入るはずだったんですが、
ま、しょうがないですね~。

当の息子はといえば、この週、ボーイスカウトのキャンプに参加していて、
この最後の試合に参加することはできませんでしたが、
オールスターのメンバーとの野球は、この夏のいい思い出になったことでしょう。
親としてはね、残念だねーと思いつつも、終わってホッとしたのも正直なところです(苦笑)。
試合を勝ち進むのは名誉なことではあるけど、遠征がどんどん広がるのは恐怖ですよ。

それにしても、このオールスターチームの選手たち、みんないい子達ばっかりでした。
だから、見ている側もすっきりと楽しかったんですよ。
よくね、いるのよ。見ていてイライラさせられる子が。
技術が云々じゃなくて、スポーツマンシップが欠けてる子。
審判の判断に文句つけたり(子供のくせにさ)、
三振になると暴言吐いたりバットやヘルメットを投げつけたり・・・。
日本じゃ、こんなことしたら即コーチから怒られますよね。
怒られるだけじゃなく、試合に出させてもらえなくなったりというペナルティが生じると思んだけど。
子供といえどもね。

アメリカの子供のスポーツに関わるコーチたちは、
日本に比べて厳しく怒ったり注意したりということがないような気がするなぁ。
子供だから・・・ってことなのかしら。
でも、子供だからこそ、こういうスポーツマンシップを学ぶことも試合以上に大切なことだと思うんだけどなぁ。
これは日本人特有の精神なんでしょうかねぇ。


ま、そういうわけで、野球も終わり、ボーイスカウトのキャンプも今日で終わり。
まだまだ長い夏休み、後半はさてどう過ごさせようかしら・・・。








ж下に表示される広告は当ブログとは一切関係ございません。


..... Ads by Excite .....
[PR]
by avocadowasabi-2 | 2010-07-10 09:11 | 子供

まだまだ続く息子の野球・・・

子供たちの学校が夏休みに入ってもうすぐひと月。
毎日、息子関係でいそがしーーーーーんです。
以前にも書いたように(こちら)、春から始まっていた野球のシーズンも夏休み前で終わったと思ったら、
今度はAll Stars(アタスカデロ市の12歳部門の代表チーム)に選ばれ、
毎日夕方2時間半の練習があり、
そして土曜日にトーナメント試合で自宅から1時間弱ほどのアロヨグランデという市まで行かねばなりません。

現在はサンルイスオビスポ・カウンティ内のトーナメントで、あと一試合に勝てばカウンティ代表になるらしい。
そしてそうなると、州の中南部内(多分)での対抗試合になり、
それにも勝ち進めば今度はおそらく州代表を決めるトーナメントでLAあたりまで遠征になるとか。
そしてそれにも勝てば(こんなことはないだろうけど)、アメリカの国内の西部代表のトーナメント。
そんでもってそれにも勝てば(絶対ありえないけど)、アメリカ代表決定戦!
そしてそしてアメリカ代表に選ばれれば(そうなったら奇跡!)、なんと国際試合が待っているという具合!
国際試合は毎年アメリカで開催されるようで(野球発祥の地だから?)、
それも東部あたりの毎年同じスタジアムであるようです。
そこまでの遠征となると、これはめちゃくちゃシリアスな家計問題に響いてきますわよ、奥さん。
そしてね、そこまで延々と勝ち進むとですね、国際試合は9月なので、
夏中野球で明け暮れ、それも遠方まで遠征もあり、
国際試合が9月ということは、学校が始まってからも遠征しなきゃいけないというわけで・・・。

なーーんて、アメリカ代表、いや、州代表まで選ばれるということは夢のまた夢。
アタスカデロみたいな人口の少ない田舎町のチームが、
競争率の高い、技術面でもしごかれている都会のチームに叶うわけが無いんですよ。

でも、子供たちはみんな夢を大きく持って毎日頑張っています。

a0080368_734738.jpg
a0080368_7342132.jpg
アタスカデロ市のテーマカラーのオレンジがひときわ鮮やか!





にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж

[PR]
by avocadowasabi-2 | 2010-07-04 15:04 | 子供

息子の卒業

6月11日は、高校も小学校も今年度の最終日で、息子は卒業式を迎えました。

a0080368_322560.jpg
はぁ~っ。あいつが小学校を卒業だなんて!
しっかり者の二人の姉たちからがつんと押さえられている末っ子のせいか、まだまだ幼稚でどうも頼りないんですが、9月からはジュニアハイになるのか・・・。
一番上の娘なんて今度はハイスクールのシニア(12年生で最終学年)で、いよいよ大学が目前に迫ってきました。

子供の成長って早いですね。
アメリカに引っ越してきたときは、息子はまだ3歳でした。
娘たちだって7歳と6歳で、学校へ迎えに行くと満面の笑顔で私のほうへ走ってきたものです。
いまじゃ、私が何か言うとうるさそーーな顔するし、
週末なんて長女の運転でどこかへ出かけて夜まで帰ってこないし・・・。

あ~、小さかったあの頃が懐かしい。
最近、よそさんの赤ちゃんや幼児をみると無性に母性本能がくすぐられる私です。


ま、子供たちが大きくなればなったで、違った意味の楽しいことや新しいこともたくさんあるわけで、
今をしっかり見逃さないようにしなければ。
そういう意味でも、仕事が夜勤務から解放されてよかったわー!
一度きりでそれもあっという間の子供時代。母親としてちゃんと接していきたいものです。
あの時にもっとこうしてやればよかった、などと後々思いたくないですもんね。

a0080368_373924.jpg
卒業式の後は、夕方から今シーズン最後の野球の試合でした。
野球も、リトルリーグは今年で卒業。
来年からは13歳から15歳の子達が入るベーブ・ルースというリーグになります。
リトルリーグとは違って、もっとパワフルでレベルアップの技術が求められることになるんでしょう。
打てなくても、ボールを取り損ねても、"It's OK!"じゃ済まされなくなるんだろうな。
息子も少しずつ子供時代から卒業していきます。












にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
by avocadowasabi-2 | 2010-06-12 11:34 | 子供

長女の巣立ちへの第一歩

長女が先日16歳になりました。
アメリカでは、いわゆるSweet Sixteenってやつですね。
そしてその数日後、夫に連れられてDMVに運転免許の実技試験を受けに行き、
お受かりになりましたんですの。
夫はその日は休みを取っていたので、
晴れて免許を取得した娘は、夫のトラックで学校へ行きましたわ。

はぁ~っ。ついに娘が一人で運転する日が来たか。
自分も初めて運転して会社に行ったときは、やっぱり緊張したけど、
娘が・・・と考えると、もっと心配。
だって、まだ16ですよ!早すぎませんか、アメリカ!
私より彼女の方が運転はうまいとは思うんですけど、
まだまだ経験浅いしさ。

そんな母の心、娘知らず・・・で、
初日は学校が終わると、妹を乗せて弟を迎えに行き、
弟は一旦家に送り届けて、姉妹で仲良く隣町までショッピングに。
隣町・・・といってもですね、もちろんフリーウェイを使います。
先日、山越えで私の車が故障したあの道です。
練習で何度か経験している山越えではあるけれど、
それでもね、けっこうアブナイんだからっ!!もう!

とにかく、念には念を入れて左右確認、
車線変更時の目視は忘れずに、と、
最初の2,3日くらいは口を酸っぱくして言ってたんですが、
根がお気楽な私もすぐに慣れまして、
今では「ちょっと、妹迎えに行ってあげて」とか、
「あら、卵が足りないわ。ちょっとぉ~、ひとっ走り買ってきてー!」
なんていいように使ってます。いやぁ、便利便利♪

娘も、今はまだ運転がおもしろいのと、
自分ひとりで運転するのが大人になったようで嬉しいという新鮮な気持ちから
喜んで役に立ってくれますが、
もうちょっとすると、それも別にたいしたことではなくなって
「えぇ~、今忙しいんだからぁ。」と、
今までどおりのムカつくティーンに戻るんでしょうかねぇ。

ところで、車は夫と私のをそれぞれ共用です。
そんな、ぽーんと車を与えるような予算ないですから!
16歳からバイトもできるので、
車資金のためにどっかで働け、と助言(?)してますが、
毎日毎日宿題が多いので、これもなかなか難しいですねぇ。

来年の夏には、今度は次女が仮免での運転を始めます。
こうやって、ひとつひとつ子供達も大人へ近づいていくんですねぇ。




にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
by avocadowasabi-2 | 2009-09-29 13:57 | 子供

もうすぐ学校

毎年のことだけど、今年もあっという間に夏が終わろうとしています。
ここSLOカウンティでは8月24日から学校の新年度が始まります。
以前いた南カリフォルニアのロングビーチの学校区では今年の新年度の初日は9月8日らしい。
いまだにこの中途半端な始まり方には馴染まないなー。
日本人の私には、8月いっぱいまで夏休みで9月から気分を新たに学校!という感覚が根強いですからねぇ。

ま、そういうことで、先週と今週は学校の準備などでなんだか毎日気ぜわしいんです。
新しい学用品の買い物に行ったり、高校の新学年度の書類の提出や、各種必需品の購入があったり・・・・。
高校の秋から始まるスポーツの練習も始まり、長女は昨年同様テニス、
今年高校生になる次女はゴルフチームに入り、二人とも毎日練習に行っています。

息子はといえば・・・・・、先日夫に床屋に連れて行かれました。
3月から6月初旬にかけての野球のシーズンが終わると、息子は毎年髪が長めになります。
これは元はと言えば私の好み。なんですが、息子もここ数年、長めが好きになったようで、
あまり短く切りたがらなかったんです。
しかし、夫が我慢に耐えかねまして、息子は床屋(ヘアサロンじゃないのよ)に引っ張って行かれたのでした。
ああ、哀れ母と息子。
バッサリとやられましたよ。 
息子は意外にも結構気に入ったようで嬉々としていましたが、私はかなりのショック。
「ま、髪の毛はすぐ伸びるからね」と、娘達に慰められた母であった。


a0080368_1193369.jpg
息子の寝起きの髪・・・(汗)。 どうやって寝たらこんなになるのよ?










にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
by avocadowasabi-2 | 2009-08-19 08:44 | 子供

娘の運転

先日、長女がついに運転の許可証をもらいました。
アメリカでは、15歳半になったらDMV(Department of Motor Vehicles)、いわゆる運転免許センターで免許取得のための筆記試験を受け、それに合格したら許可証がもらえます。
ただ、この試験を受ける以前に、運転に関する勉強を学校の保健体育の授業、あるいはインターネットで終了していなければなりません。(おそらくこれは未成年者のみ?)
とにかく、長女の場合は授業でその単位は取っていたので、先月15歳半になってすぐに夫に連れられてDMVで試験を受け、許可証を頂いてまいりました。
晴れて許可証を貰ったら、インストラクターのもとで1時間半×4回のレッスンを受けねばならず、今週始めに第1回目のレッスンがありました。たぶん、これも未成年者のみに課せられるものかな・・・?
このレッスンは学校までインストラクターが練習用の車(助手席にもブレーキがあるやつですね~)で出向いてきてくれて、あちこち運転させられたようです。
ちなみに、このレッスンの費用は$340~~!!

第1回目のレッスン後、インストラクターから「両親と一緒に乗ってもらって時々運転していいよ」と言われたもんですから、それ以来娘はやたらと運転したがるんですよ。
夫はこういうことには協力的なので、昨日も一昨日も朝5時起きで二人で近場をぐるぐるやってました。
私はといえば、自分が決して運転が上手だとは言えないので、初心者を指導するなんてもってのほか!!
なんですけど、そのうち、朝学校へ行くときの片道は娘が運転するという、誰でもやっている朝のシーンが我が家でも始まるわけなので、その前にちょっとは慣れていないとね・・・・ということで、昨日の夕方に近所まで次女も一緒に3人でドライブしました。



ひぇ~~っ!!減速!減速!! 
カーブ大回りしすぎー!! 



ほんの10分くらいの時間だったと思うんですけどね、今までの人生の中で一番の恐怖の体験だったかも。
娘の運転が下手だというわけでは決してないんです。それどころか、ビギナーにしては結構うまかったな。
次女でさえも、「お母さんよりうまいかもよ~」なんてぬかしやがったし。
しかしですね、減速や加速のタイミングが私のそれとは微妙に違うので、必要以上に緊張してしまったわけですよ。
もうね、両足は前に突っ張ったままで両手は肘掛をがっしと掴み、本当に冷や汗もんでした。

母親がパニクるたびに、長女と次女から「指導者である母親がパニックになったら初心者はもっと緊張するでしょーー!!」と叱られ、次女からは「私が運転するときにはお母さんとは絶対一緒に乗らないことにした」とまで言われてしまった私です。とほほ。

9月の誕生日で16歳になって路上試験に合格したら今度は本物の免許証がもらえるわけで、そうなったらもっと心配だわね。
しかし、これは誰でも通る道だし、長女は私より運動神経もずっといいし、彼女の性格からして結構注意力もあるから、あんまり私が心配しなくてもいいことではあるのよね。

それにしても、私の心臓にはよくないわ・・・・。




にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
by avocadowasabi-2 | 2009-04-02 20:33 | 子供


San Luis Obispo (SLO) county での田舎暮らし。日々の生活、育児、町のことなど雑感あれこれ。


by avocadowasabi-2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Click for Atascadero, California Forecast
ATASCADERO

カテゴリ

全体
連絡
雑感
生活
子供
行事


友人
仕事
ガーデニング

映画・ドラマ
SLOカウンティ
そのほかの町
私的趣味
未分類

以前の記事

2012年 09月
2011年 09月
2011年 08月
more...

フォロー中のブログ

Mew's Cafe
ワイン山の麓から
Casa de NOVA...
やりたいことは何ですか?
お奉行さまの徒然日記
カナダの風に吹かれて
日々の泡
じゃポルスカ楽描帳
Kitchen mail
Over the Rai...
フィンランドマガジン v...
ほな、またね!
在日中国人女性の随筆  
魚屋三代目日記
おいしく暮らそう
緑と食卓
dearxoxo in USA
頑張らないで、めざせベジ弁当
First step
SB 便り

リンク集

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ファイブスタイル ブログランキング


☆avocadowasabiの
食日記
「おいしく暮らそう」

☆avocadowasabiの
ロングビーチ在住ブログ
「裏庭の木陰から」

☆各種情報
「The TRIBUNE」 San Luis Obispo エリアのローカル紙
「Lighthouse」 ロサンジェルスエリアの日本語現地情報
「びびなびロサンゼルス」 ロサンジェルス総合コミュニティサイト





ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧